プランによっては普通チケットの方が安い場合も

- プランによっては普通チケットの方が安い場合も

プランによっては普通チケットの方が安い場合も

ANAやJALが発行している株主優待券を持っているとかなりお得な値段で飛行機に搭乗することができるのですが、一年中いつでもお得。ということにはならないのでしっかりとチェックしておきましょう。
特に出発日の数ヶ月前から予約しておく早割を利用した方が全然安かった…。という場合もありますし、時期によっては使うべきか使わないべきかの判断をしっかりとしておくことをおすすめします。

まずは確認を

どこかに旅行する時に飛行機で行くことを決めたのならばまずは座席に空きがあるかをチェックしなくてはいけませんが、その際には株主優待券を使用した時の金額も表示されるので確かめましょう。
出発日が近くなっているのならば通常運賃の半額ほどで乗ることが可能になっていると思いますが、早割が適用されている時はそちらの方が安いという話にもなってくるので間違えないようにしてください。
株主優待なんだから絶対にお得なはず!なんていうことを決めつけてしまっていると損をすることになってしまうという可能性もありますし、きちんと値段を比較してみることも重要になってきますよ。

購入価格を考えて

元から株主だったので券自体は元から持っていた。というのならば特に使用に際しても気をつけることはありませんが、金券ショップやオークションで購入していた場合は使うべきタイミングかを見極めなければいけません。
そこそこのお金を出して購入していたというのならば、合算してみると通常運賃とほとんど同じになってしまった…。ということになると意味がなくなってしまいますし、適切な時期を見計らいましょう。

信じ過ぎないのも大事

株主優待券なんだから間違いがないはずだ!なんていうことを考えてしまっていると、一般チケット利用の時よりも高値で搭乗してしまうということも起こってしまうので、思い込まないようにしてください。
やはり使うのならば繁忙期が一番いいとも言えますし、逆にオフシーズンだと利用してもお得なことはないとも言えるので、時期によっての飛行機料金のチェックは忘れないようにしましょう。

△PAGE TOP