普通運賃の半額程度で乗れるのが魅力的

- 普通運賃の半額程度で乗れるのが魅力的

普通運賃の半額程度で乗れるのが魅力的

大手航空会社の株主優待券というのは結局何がお得なのだろうか?なんて考えている人たちもたくさんいるかもしれませんが、なんといっても通常運賃の半額程度で搭乗できるのが魅力だと言えるでしょう。
LCCといった格安航空券ならば安いのが当たり前になっているのですが、ANAやJALはお金持ち専用といったイメージがあります。しかし、優待券を利用すれば格安で搭乗することも可能になります。

手が出ないときもあったけど

一昔前までは関空から新千歳空港まで飛行機に乗るだけで5万円程度は普通に掛かってしまっていたのですが、今では格安航空会社の参入によって一万円を切ったとしても何もおかしくはありません。
ただ、安さの代わりに機内が狭いしサービスもない。乗り遅れても別便への振替は不可能。ということに不満を持っている人たちも多いはずです。けれども、大手航空会社の利用は難しい。なんて考えてませんか?
株主優待券ならばどんな時期だとしても一定の料金で搭乗することができるので、ゆったりとした座席で快適に空の旅を楽しむことができるので、利用するだけで段違いに楽しい旅行になるでしょう。

利用は簡単なので

優待券を使っての予約は難しそうだと思ってしまうかもしれませんが、予約をする際に券に記載してあるコードを打ち込むだけなので驚くほど簡単に手続きをすることができますし、一度試してみてください。
ただ、時期によっては早割の方が断然安いというケースもありえるので、前々から旅行することが決まっている場合は優待券は利用せずに正規の手順で申し込まないと損をするかもしれませんよ。
とにかく飛行機での旅行は株主優待券がお得なのでそれを利用しましょう。

使う時には確認を

金券ショップやネットオークションで優待券を入手した時にはしっかりと使用期限内なのかどうかを確認するようにしましょう。期限が切れてしまっていると飛行機の予約が完了できません。
しっかりと大丈夫だと確認することができたのならば、希望する座席を指定するようにすれば後は普通に飛行機に乗る時と全く同じですよ。

△PAGE TOP